top of page
  • 執筆者の写真矢野

年末のご挨拶

今年も残りわずかになり

年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。


皆様にとって2023年はどの様な一年でしたでしょうか


匠都設計は今年も沢山の新たな出会いがあり

多くの方に支えられ、無事年末を迎えることができ

感謝の気持ちでいっぱいです。

来年も建築を通じて笑顔や気づきをお届けできるよう

努めてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


年末年始はご多忙の事と思いますが、お身体にはお気をつけてお過ごし下さい。

来年も皆様にとって素敵な一年になりますように

皆様、よいお年をお迎えください。


【年末年始の営業日のご案内】

2023年12月28日(木曜日)~2024年1月9日(火曜日)

 上記の期間お休みとさせていただきます。

 期間中はご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い致します。

最新記事

すべて表示

木造建築物の構造の話(その2)

今回は耐震基準について書いていきます。 最近、ニュース等でよく耳にする 「 新耐震基準」は43年前の1984年に改正され2000年までの基準で、現在は 「 現行耐震基準」または「新・新耐震基準」と 言われています。 新耐震基準で耐震壁の「壁量計算」を 現行耐震基準で「耐震壁の配置バランス」「柱頭柱脚の接合方法」が規定されました。 通常、建物の構造設計は建築基準法に基づいて行われ 基準法の規定を満た

お知らせ

「なるとのしごと」に 「松柏の事務所」と「永長の家」を追加しました

木造建築物の構造の話(その1)

何回かに分けて木造建築物の構造について書きます 建物を建築する際に役所や民間の検査機関に「建築確認申請」を出し 計画している建築物が建築基準法やその他の関係法令に適合してるか確認してもらい 適合していれば建築許可がおり、着工します。 建築基準法第6条1項で1号~4号建築物に分類され 一定以下の面積の平屋や二階建ての木造住宅は「4号建築物」になります。 (三階建の木造住宅は「2号建築物」です) 建築

bottom of page