top of page
  • 執筆者の写真矢野

木造建築物の構造の話(その1)

更新日:1月18日

何回かに分けて木造建築物の構造について書きます


建物を建築する際に役所や民間の検査機関に「建築確認申請」を出し

計画している建築物が建築基準法やその他の関係法令に適合してるか確認してもらい

適合していれば建築許可がおり、着工します。

建築基準法第6条1項で1号~4号建築物に分類され

一定以下の面積の平屋や二階建ての木造住宅は「4号建築物」になります。

(三階建の木造住宅は「2号建築物」です)

建築に携わってなければ知らない方の方が多いと思いますが

4号建築物には「4号特例」というものがあり

特定の条件下で建築確認の審査を一部省略できる規定があります。

上に書いた4号特例には

建築士が設計を行った場合、構造耐力関係規定の審査は省略する

といったものもあります。

ですので、確認済証があり同じ規模や形をしてるからといって

4号建築物はどれも同程度の耐力を有している訳ではありません

設計した建築士よって違ってきます。

構造計算をしていれば話は別ですが(細かい話をすれば計算方法によって違ってきます)

計算をせずに耐力壁(筋違や面材)を経験と勘で数量と配置を決定している建築士が

いると聞いたことがあります。

信頼できる建築士にご依頼することが大切なのと、

それを見極めるために遠慮なく質問する事も必要ですね

※この4号特例ですが来年2025年に廃止され、新基準になります。


次回以降に

・耐震基準

・耐震等級

について書いていきます。




最新記事

すべて表示

木造建築物の構造の話(その2)

今回は耐震基準について書いていきます。 最近、ニュース等でよく耳にする 「 新耐震基準」は43年前の1984年に改正され2000年までの基準で、現在は 「 現行耐震基準」または「新・新耐震基準」と 言われています。 新耐震基準で耐震壁の「壁量計算」を 現行耐震基準で「耐震壁の配置バランス」「柱頭柱脚の接合方法」が規定されました。 通常、建物の構造設計は建築基準法に基づいて行われ 基準法の規定を満た

お知らせ

「なるとのしごと」に 「松柏の事務所」と「永長の家」を追加しました

新年のご挨拶は控えさせていただきます

新年より地震、事故、火災など、各地で 被害に遭われた皆さまが 一刻も早く日常生活を取り戻せますように。 そして亡くなられたかたのご冥福を 心よりお祈りしております。 匠都設計は本日を仕事始めです。本年もよろしくお願いいたします。

bottom of page